阪神タイガース前田大和、抜群の守備力を誇るスイッチヒッター。

阪神タイガースの背番号0といえば、誰もが認める攻守の前田大和選手です。
2006年阪神入団、右投両打。
177cm、68kgと、細身な体型ですが、大の肉好き、スイーツ好きとしても知られます。

甲子園球場では、「若虎大和の大和魂肉弁当」が人気です。
登録名の大和が印象的ですが、本名は前田大和。

手同士で呼び合うときには、「まえだぁ」と呼ばれるということですが、大和のイメージが定着しているファンにとっては、なんか不思議で微笑ましいですね。
セカンド、センター、ショートと、なんでもこなす守備の名手で、その堅実な守備力は、高校時代からプロ入り後も、岡田彰布、星野仙一、井端和弘などが絶賛しています。

野球選手としては華奢な体型であることやパワーの無さが不安視されたこともありますが、2017年からはスイッチヒッターとして打撃面でも活躍し、おもにショートセカンドなど内野を守っています。

選手の怪我や不調などのシーンが多いプロ野球では、どこでも安心して任せられる前田大和のような選手は貴重だといえます。
プレー面の実績だけでなく、真摯に練習に取り組む姿勢や、人柄が周囲から高く評価され、将来の幹部候補生としての期待も高まっているようです。