日本ハムファイターズ・中田翔選手はFA宣言し阪神へ移籍するのか?

日本ハムファイターズの不動の4番・中田翔選手。今年は調子がイマイチで4番から外れることが多くなっています。
そんな中田選手は8月17日に出場選手登録が8年に達し、FA権の資格を取得しました。

今シーズン前から他球団へ移籍するのでは?と噂されています。
中田選手は2007年に高校生ドラフト1位で指名され、入団10年目です。

日ハムの中心選手として活躍してきました。
いい時、悪い時はあったものの、常に一軍の試合に出場し、栗山監督の信頼も厚いチームのリーダー的存在です。

中田選手が打てば、チームの雰囲気も良くなるムードメーカーでもあります。
今シーズンオフには大谷選手も大リーグへ挑戦する可能性もあり、そうなるとチームは主力選手を二人も失うことになります。

日本ハムファンとしては、中田選手は最後まで日本ハムの選手でいてほしいところですよね。
ただ、大阪出身ということもあり、阪神でプレーしたいという気持ちもあるようなのです。

さらに日本ハムは若手育成に優れており、主力であっても。年俸が高くなったベテランが出たいと言ったら引き止めない主義です。
今までも森本選手や小笠原選手、糸井選手なども選手として選手としてピークを迎えながら移籍しています。

中田選手が日本ハムの選手でなくなるのは寂しいですが、日本ハムファンは移籍した選手に対しても温かい声援を送り応援しています。
どこへ行っても応援していきたいですね。(まだ移籍すると決まっていませんが・・・)