謙虚さと育ちの良さが伺える三原舞依選手。

今年フィギュアスケートで大躍進した選手と言えば男子は宇野昌磨選手、女子は三原舞依選手だと思います。
三原舞依選手は昨シーズン途中から若年性特発性関節炎で試合に出られないという日々があったそうです。

それでも今シーズンはシニアデビューし見事な成績を収めています。
フリーの曲目の「シンデレラ」を演じきったわけですが正しくシンデレラストーリーといった感じです。

彼女の魅力はスピードのあるスケーティングと柔らかなジャンプだと思います。
また安定感も抜群で安心して演技を見ることができます。

三原選手がノーミスした時には体に腕を引き付けて首の下で拳を作ってくるくると回るのです。
癖なのかなと思っていましたが、「シンデレラはガッツポーズをしない」という設定で必死に堪えている姿だったのです。
でも、その行動がとても品があって私はとても好きです。

また、良い成績を収めてもインタビューは謙虚そのもの。
言いたいことは本当はあるのでしょうが、立場を考えた発言が好感を持てます。

何より苦労をした分滑る楽しさを誰よりも分かって感謝の気持ちを持っているのが伝わってきます。
一度苦労した人はぐっと強くなれると思うので、来年はさらに飛躍して欲しい選手です。