火中の栗を拾う高橋由伸

なんでわざわざこんな時の監督要請を受けてしまったのですかね。
そもそも打者としてもまだまだいける成績だっただけに、監督に押し込めてしまうことは球団として損害でしかないと思います。
賭博問題で随分ダークな印象のついた球団の監督を引き受けるなんて、高橋由伸本人にとってもどうかと思います。

そもそも選手兼任だというならありかなと思うかもしれませんが、このまま引退となるともったいないなと言う思いしかありません。
まだ40歳と若いのですから、もうちょっと待ってみてもよかったと思うのですがね。

とはいえ監督を決めてしまったわけですから、これ以降は賭博の話も表には出てこないかもしれませんね。
それにしてもセ・リーグは監督が見事に若返ってしまっていますね。

阪神の金本、横浜のラミレス、巨人の高橋由伸、ヤクルトの真鍋、広島の緒方、中日の谷繁と、少し前までは考えられないような若い監督が並んでいます。
監督はまだしもコーチの経験すらない人もいますから、その経験がどう出るか来年は楽しみですね。

高橋由伸を監督にするのは百歩譲っていいとしても、せめて選手との兼任監督でいってほしいです。
3割打てる代打なんてそうはいないのだから、それが当然の選択だと思いますけどね。