サッカーブンデスリーグ、ドルトムント、香川真司選手

私の紹介するスポーツ選手は、サッカー ドイツブンデスリーグ「ドルトムント」に所属する香川真司選手です。
日本代表の背番号10を担う選手です。とにかくテクニックがあります。
ポジションはフォワードまたはミッドフィルダーです。
攻撃的な選手です。

これまでの香川真司選手のキャリアはJリーグのセレッソ大阪からキャリアをスタートします。
セレッソではJ2リーグでの経験もあります。
このJ2時代では香川真司選手の得点力が爆発しました。

元々中盤のボランチでプレイしていた選手ですが、当時セレッソの監督であったレヴィー・クルピにより、攻撃的なポジションにコンバートされ、その才能を開花させました。

その後、ドイツブンデスリーガのドルトムントへ移籍し、移籍直後からスタメンとして活躍しました。
ドルトムント移籍加入後の二年連続優勝という快挙を達成しました。

この時ドルトムントのピークの時代にレギュラーメンバーとして大活躍しました。
この時、香川真司選手はトップ下のポジションとして得点も重ね、ワールドクラスのプレイを連発しました。

その後プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドに移籍しましたが、期待する以上の活躍をすることはできませんでした。
私的にはこのマンチェスター移籍から歯車が狂ったと感じています。