藤浪晋太郎投手が復活するにはどうするべきか

もともと荒れ球が特徴の藤浪晋太郎投手ですが、2017年のシーズンに入ってからは例年と比べ物にならないぐらい抜け球が多くなり、とても苦しんでいます。
前半戦の不調のため一度2軍に落ち、夏に復帰して先発で投げましたが、前以上に右打者には恐る恐る投げている感じでしたし、一塁への送球もサイドスローで投げるようになってしまっていて、ファンとしては見ていて辛いです。

そもそもそうなった原因は冬の自主トレやキャンプでWBC球を使っていたことによる影響やシーズン序盤に何度もぶつけてしまったことによってイップスになっているのではないかと言われています。
私はイップス否定派でしたが、今の藤浪晋太郎投手を見ているとそれもあるかもと思い始めています。
また、藤浪晋太郎投手の特徴である長い手足を制御できてないのも原因だと思っています。

それでは藤浪晋太郎投手が復活するために何が必要になるかですが、今年はもう上で使うのはやめて時間を与えるべきでしょう。
もしイップスであるのならまずその治療が必要になりますし、それと同時にフォームの改善や投げ込みも必要になってくると思います。
ただ、現在の阪神タイガースの投手コーチは若い方が多く、藤浪晋太郎投手のフォーム改善の手助けをできるようなコーチはいないと私は思っています。

やはりこういうことはベテランの投手コーチの力が必要になってくると思いますので、藤川球児を覚醒させた山口コーチやメッセンジャー投手を変えた久保コーチのような優秀な投手コーチと契約することが何より重要ではないかと私は考えています。
来年どうなるかは今の時点では全くの未知数ですが、一ファンとしては復活した藤浪選手が大活躍してくれることを願っています。